すでに4,000名以上が視聴し、僕の人生も好転させた7時間の無料動画がすぐにもらえる?【詳しくは漫画をクリック!】

【必読】定年まで社畜やりたくない人が自分で稼げるようになる無料動画とは?【プロが教える】

【シックス・ヒューマン・ニーズ】やりたいことが見つからない人必見!人間の6つの欲求とは?

かげりの光
ヒロ
こんにちは!公務員を辞めて物販で起業成功した管理人のヒロです^^

詳しいプロフィールはこちら

あなたも、

「変化のない毎日がつまらない」

と思ったことはないですか?

 

ほとんど毎日、

同じ時間に起きて、
同じ時間に通勤して、
同じ仕事をして、
同じ時間に寝る。

定年の65歳までこの繰り返しです。
(もうすぐ70歳になる?)

 

 

僕も最初はずっと定年まで同じ仕事を続けることが

羨ましいと思っていました。

 

でも実際に公務員になってみて、

「この生活をあと30年以上も続けるのは辛いな…」
「もっと自分の好きなことをしたい!」

と考え出すことが何度もありました。

 

せっかく「安定している」はずなのにです。

 

 

じゃあなんでこんな悩みが出てくるのかというと、

それは元々人間には全部で6つの欲求があって、

その中に安定したい欲求と真逆の不安定の欲求

があるからなんですよね。

 

安定の欲求が満たされて、その状態に慣れてしまい、

今度は不安定の欲求が出てきたというわけです。

 

ちなみにこの6つの欲求は誰でも持っているものなので、

これを知っていると自分が本当にやりたいこともわかるし、

相手も気持ちも理解しやすくなるので人間関係もスムーズになります。

 

ということで今回は、

人間の6つ欲求「シックス・ヒューマン・ニーズ」

について書いていきます^^

人間には6つの欲求がある「シックス・ヒューマン・ニーズ」

僕がオンラインスクールでビジネスの勉強をしたときに、

人間には6つの欲求があるということを知りました。

人間の6つの欲求

  1. 安定
  2. 不安定
  3. 愛・つながり
  4. 重要感
  5. 成長
  6. 貢献

これはシックス・ヒューマン・ニーズと言って、

人間にはここに書いた6つの欲求があります。

 

僕は講師の加藤将太さんから教わりましたが、

元々はアメリカの作家、アンソニー・ロビンズの教えみたいですね。

トニー・ロビンズ(本名:アンソニー・J・マハホリッチ、1960年2月29日-)はアメリカ合衆国の自己啓発書作家、NLP(神経言語プログラミング)コーチング出身のコーチ、起業家、講演者。
出典:Wikipedia

それぞれの欲求について簡単に説明していきます。

①安定の欲求

安定の欲求はそのまんまですが、

安定したい、変わりたくないという欲求です。

 

今までと同じ生活がしたいとか、

失敗したくないという欲求で、

公務員が人気なのもこの欲求のせいですね。

 

ちなみに僕も昔はこの欲求が一番強かったです。

②不安定の欲求

不安定の欲求は安定の欲求の真逆です。

 

新しいことにチャレンジしたい、

もっと知りたい、体験したい、

冒険したいなどの変化を求める欲求です。

 

今の僕が一番求めている欲求がコレですね!

 

不安定って楽しいーー!

…はい。笑

③愛・つながりの欲求

3つめの欲求が愛の欲求です。

 

家族、恋人、友人、職場のみんなに愛されたい!

つながっていたい!と思う欲求です。

 

誰だってみんなから好かれたいし、

仲間、グループに所属すると安心感がありますよね^^

④重要感の欲求

重要感の欲求というのは、

自分が特別だと感じたい欲求で、

承認欲求に似ています。

 

承認欲求というのは、

他人に認められたい、

もっと褒めて欲しい、

周りの人に勝ちたいなどと思う欲求です。

 

ただ、

他人を馬鹿にしたり、人の悪口を言ったりして

自分の欲求を満たすのは絶対にやめましょう。

 

まさにパワハラ上司…^^;

⑤成長欲求

これもそのまんまですが、

今よりももっと成長したいという欲求です。

 

もっと力をつけて、

自分でできることを増やしたい、

昨日の自分に勝ちたいという欲求ですね。

 

テニスプレイヤーの錦織圭さんも、

「もっと強くなりたい!」という成長欲求のおかげで、

世界で活躍するテニスプレイヤーになれたそうですよ。

⑥貢献欲求

最後の貢献欲求は誰かの役に立ちたい、

社会貢献したいという欲求です。

 

ボランティア活動をしたり、

相手に親切にすると気分がよくなりますよね?^^

 

大富豪になると慈善活動をする人が多いのも、

貢献欲求があるからです。

 

ちなみに有名なビル・ゲイツも

48億ドル(約5,200億円)という大金を寄付しています。

慈善団体・活動への個人や組織の寄付額を追跡してきた同社は、「フィランソロピー50」と題した報告書の一環として、米国で最も寄付額の多い個人・夫婦50組の寄付総額を毎年発表し、慈善活動への大きな貢献を評価している。

今年のランキングで首位になったのは、またもやビル&メリンダ・ゲイツ夫妻で、4年連続のトップの座を獲得した。2人の富は、主にビル・ゲイツのマイクロソフト共同創業者、長年の最高経営責任者(CEO)としての活動から生まれたもので、昨年は48億ドル(約5200億円)近くを寄付した。
出典:Forbes Japan

それにしてもすごい金額!笑

自分の一番強い欲求(ニーズ)は?

ということで、シックス・ヒューマン・ニーズについて説明してきましたが、

安定と不安定の欲求があるようにすべてを一気に満たすことはできません。

 

なので、自分が重要だと感じる欲求を知って、

その欲求を叶えることができる仕事を選ぶことが大事です。

叶えたい欲求はだいたい2つか3つになるはずですよ。

 

 

例えば僕の場合は、

不安定の欲求と成長の欲求が強いので、

起業して大正解でした。

 

ビジネスが軌道に乗って安定したとしても

新しいことに挑戦すればまた不安定になりますし、

安定と不安定の欲求が交互に来るので飽きることがないです。

 

しかもやりたい仕事を選べるし、会いたい人間も選べるので、

成長欲求と愛・つながりの欲求も同時に満たされてる感じです。

 

まぁ雇われていても転職や異動で

一時的に不安定の欲求は満たされるかもしれません。

 

でも自分が関わる仕事や人を自由に選べないので

そこは運任せになってしまいます^^;

 

なので、成長欲求や愛・つながりの欲求も満たすには

やっぱり起業が一番かなと思ってます。

 

 

ということで今回は、

シックス・ヒューマン・ニーズ、

人間の6つの欲求について書いてきました。

 

ぜひあなたも自分がどの欲求を満たしたいのか

チェックしてみてくださいね^^

 

もし今の仕事で自分の欲求を満たせそうにないときは、

転職か起業を考えてみてもいいと思いますよ。

 

こういう話って普段なかなか聞けないので、

ビジネスを学ぶと面白い話は他にもいっぱいあります。

 

ちなみに、僕がビジネスを学んだオンランスクールの動画が

無料でお試しできるキャンペーン中なので気になるときはどうぞ。

 

それでは!!

今回のまとめ

まとめ
  • 人間の6つの欲求「シックス・ヒューマン・ニーズ」
  • 安定、不安定、愛・つながり、重要感、成長、貢献
  • 自分の一番満たしたい欲求は何か確認する
  • もし今満たせない場合は仕事や環境を変えてみる

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました!!

 

感想、コメント大歓迎です^^

【必読】定年まで社畜やりたくない人が自分で稼げるようになる無料動画とは?【プロが教える】

【必読】定年まで社畜やりたくない人が自分で稼げるようになる定価1万円の動画が今だけ無償キャンペーン中?【プロが教える】

2020-03-14
2つの未来をイメージした線路に立つ女性

【限界】公務員は安定していないと思った話【安定崩壊】

2020-01-18

【脱公務員するまでのストーリーを公開中!】

次世代紹介アニメ    

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です