すでに4,000名以上が視聴し、僕の人生も好転させた7時間の無料動画がすぐにもらえる?【詳しくは漫画をクリック!】

【必読】定年まで社畜やりたくない人が自分で稼げるようになる無料動画とは?【プロが教える】

刑務所の物品の管理は大変?不正使用や不正授受が日常茶飯事だって!?

机の上に置かれた電卓とペン
ヒロ
こんにちは!公務員を辞めて物販で起業成功した管理人のヒロです^^

詳しいプロフィールはこちら

 

今回は物品の不正使用と不正授受について話していきます。

 

刑務所では受刑者に様々な物品を使わせますが、

決められた使い方以外の使い方をすると

不正使用といういう反則行為になってしまいます。

 

どういうことかと言うと、

例えば、勉強のために許可された電卓を

勉強以外の用途で使ったら違反になるので、

 

〇〇にも使える!」と思っても

絶対にやってはいけないというわけです。

 

他にも自分の物をあげたり貸したりする行為も

不正授受という違反になってしまいます。

 

こんな感じで厳しく決められていますが、

違反になってしまう受刑者の中には何が違反なのか、

本当にわかっていない者もいましたけどね^^;

 

ということで不正使用と不正授受について、

実際にどんな違反があったのかなど

いろいろ話していきたいと思います。

 

刑務所の物品は自由に使えないって!?

洗面台に置かれた歯ブラシとタオル

 

突然ですが、テレビとかを見ていると、

〇〇は□□にも使えます!

みたいな番組をたまにやってますよね。

 

例えば歯磨き粉

 

少し車の知識がある人だったら、

ちょっとした車のキズ・汚れが歯磨き粉で擦ると

綺麗になるという話を聞いたこともあるかと思います。

 

歯磨き粉の中には小さな粉が入っていて、

その粉が研磨剤の役割をするので、

軽い傷くらいなら綺麗にできるというわけです。

 

本当だったらカー用品店にある

コンパウンドを使うのが一般的ですけど、

結局コンパウンドに入っているのも研磨剤なので

歯磨き粉でも応用して使えるんですよね。

 

だからこういう知識がある人だと

歯磨き粉を車磨きとして使ったり、

他にも洋服や壁の汚れ取に使ったりもします。

 

普通に生活していればこうやって

歯磨き粉をいろんな用途に使うことは

なにも悪いことではないんですけど、

 

もし刑務所で同じような行為をしてしまうと、

物品の不正使用となってしまいます。

 

決められた用途以外に使ったら違反になるって?

 

歯磨き粉は”歯を磨くための物”なので、

歯を磨くこと以外に使ったら違反

になってしまうんですよね。

 

もちろん歯ブラシも”歯を磨くための物”なので、

掃除に使ったりしてはいけないということです。

 

で、僕が働いていた時に何度かあったのが、

食器用洗剤を掃除に使ってしまうパターンでした

 

これも食器以外に使ってはダメなんですけど、

居室のトイレ掃除に使う人が多くて、

便器や床を洗剤で洗っている人を見てきました。

 

隠れてコソコソやるならまだしも、

思いっきり泡立てて床が白くなっている

受刑者までいましたからね^^;

 

もう見た瞬間、

「洗剤の不正使用だ!」

ってわかるわけです。笑

 

でも、堂々とやっている受刑者は

なぜ違反なのか本当にわかっていないみたいで、

え!?ダメだったんですか?

って驚いてましたけどね^^;

 

まぁ受刑者の部屋には食器用洗剤と

風呂で使う石鹸とかシャンプーしかなくて、

トイレ掃除用の洗剤は置いてありません。

 

一応、便器用の酸性洗剤はありますが、

使える日も決まっているし、普段できるのは

部屋にある雑巾で水拭きするくらいです。

 

だからトイレの臭いが部屋に充満して

どうしても洗剤を使いたかったのかもしれません…

 

実際、刑務所では貴重な

シャンプーを使っている人もいましたからね^^;

 

物品の不正授受も多いの!?バレて仮釈放が取り消しに?

 

それから物品の不正授受もあります。

 

自分の私物を自分以外の人に

使わせたりすることはできなくて、

たとえ、ちり紙1枚でも違反になります。
(ちり紙は”ちりし”って言ってました)

 

ちなみにちり紙って箱のティッシュとかではなく、

正方形に切られたキッチンペーパーのような感じなんですけど、

トイレでも鼻をかむときも全部ちり紙を使っています。

 

で、支給されるのは月に1回450枚なので

1日に使えるのは15枚という計算です。

 

なので、もしお腹を壊したり花粉症になったりしたら

たぶん足りなくなるかなぁと思いますし、

 

無くなったら自分で買うか、

担当にお願いして特別にもらえたら

ラッキーという感じです。

 

ちり紙はそのくらい貴重なので、

もしかしたら共同室とかで

他の受刑者のちり紙を盗んでいる

受刑者がいたかもしれません。

 

で、こういう話をすると、

他の人から盗み放題なのでは?

って思うかもしれないんですが、

 

刑務所だとすべての私物に

自分の称呼番号を記載しています

 

称呼番号というのは、

受刑者全員に振り分けられている番号で、

マイナンバーみたいなものなので、

 

もし違う番号の物を使っていたら

みんなにバレてしまうというわけです。

 

さすがにちり紙1枚1枚すべてに

番号は書いてありませんが、

それ以外の物はすべて番号が書いてますからね
(服から文房具、日用品まですべてです)

 

まぁ中には物を盗まれても

黙っている受刑者もいるかもしれませんし、

 

盗んだ方もずっと隠し持っていたら

最後までたぶん気付かないでしょう

 

だからもしバレるとすれば、

違反して持ち物検査になったときや

ゴミからバレることくらいかなぁと。

 

で、実際にいたのが、

薬のゴミから不正授受がバレて

仮釈放が無効になった受刑者です。

 

刑務所には開放寮というところがあって、

寮の出入口以外の鍵がかかっていません。

 

普通の受刑者の居室だったら、

扉に鍵があって自分で外に出ることはできませんが、

開放寮は中を自由に歩くことができます

 

そこに釈放が近い受刑者が集められて、

割と自由に共同生活をしているという感じです。

 

もちろん昼間の作業もありますが、

草むしりをしたり花壇に花を植えたりと

工場に比べると随分と緩い雰囲気ではあります。

 

そのために受刑態度が良い

受刑者だけが集められるんですが、

 

ここで不正授受がバレて

仮釈放が取り消しになった者がいました。

 

この受刑者は不眠に悩まされていて、

医務から眠剤をもらっていたんですが、

 

自分があと数日で出れるからと、

こっそり同じ寮の人間にあげていたようです。

 

で、眠剤の袋にも称呼番号が書いてあるんですが、

そのゴミを担当に見つかって、

そのまま連行されてしまった…というわけです。

 

せっかく数ヶ月も早く刑務所から出れたのに

ほんとうに馬鹿だなぁと思いますよ^^;

 

このときは担当がゴミ箱になにか捨てるのを見て、

ちり紙じゃないな!?」と不思議に思い、

ゴミを確認して発覚したみたいですが、

 

正直、開放寮まで来た受刑者は

もう違反なんてしないだろうと思っていたので、

けっこう驚きました。

 

寮の担当がベテラン刑務官だったので、

最後まで注意深く見ていたようですけど、

僕だったら普通に見逃していたかもしれません。笑

 

 

ということで、

刑務所の物品の不正授受と

不正使用について話してきました。

 

普段の生活だったら物々交換したり、

ちょっと工夫してみたりといろいろできますが、

刑務所では何もさせてもらえません。

 

まぁこのくらい厳しくしないと

余計な事をする受刑者が出てきてしまうから

しょうがないんですけどね。

 

こういう記事を書いていると、

自由に働ける今の生活は

本当に幸せだと思います。

 

それでは!!

今回のまとめ

まとめ
  • 物品の不正使用と不正授受がある
  • 私物は自分しか使ってはいけない
  • 用途以外のことに使ってはいけない
  • 物品は称呼番号で管理している

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました!!

 

感想、コメント大歓迎です^^

 
  __________________________
 

僕は公務員を辞めて個人で起業し、

1年以内に物販で月商177万円を稼ぐことができました。


 

いまでは人間関係のストレスから解放され、

仕事をするときも、遊ぶときも、休むときも、

誰からも命令されず自分で決めることができます。


 

もちろん自分で稼ぐのは初めての挑戦で、

特別な才能や人脈に恵まれていたわけでもありません。


 

昔から自分に自信が無くて、

勉強でもスポーツでも恋愛でも、

何をやっても上手くいかない人間でした。


 

「このままじゃ終われない!」と

本気で取り組んで公務員になってからも

職場のストレスで精神を病んでしまい、

どうせ頑張っても幸せになれない…と人生諦めていました。


 

そんな僕が人生を楽しめるようになったのは、

"雇われずに自分で稼ぐ生き方"を知ったからです


 

「ビジネス」と聞くと

僕も最初は難しそうに思いました。


 

でも、可能性を信じて少し真面目に取り組んだところ、

本当に自分でも稼げるようになって驚きました。


 

僕が学んだことは、

システム化の手順、戦略と戦術を立てる方法、

税金の知識、資金0からでも一人で起業する方法など、

学校では教わらないことばかりです。


 

僕はこれまでの経験から、

きちんと学び、正しく実践すれば、

誰でも起業で成功できると確信しています。


 

そしてビジネスを学ぶことで、

昔の僕のように仕事のストレスで毎日苦しんでいる人が

一人でも少なくなってほしいと思うんですよね。


 

自分に合った生き方ができれば、

一人一人が人生を楽しめるようになるし、

世の中はもっと明るくなると信じています。


 

そういった理念から、

僕がビジネスの世界に飛び込むきっかけになった

ある無料動画の話を一つの記事としてまとめてみました。


 

僕が見たのはたった21分の動画でしたが、

公務員が一番だと思っていた僕の生き方を

ガラッと変えるほどのインパクトがありました。


 

この記事では僕の公務員時代の苦労話や当時の思い、

公務員のこれからについてちょっとした未来予測的な話も

しているので、楽しんでもらえたらなと思います。


 

安定と言われている公務員を辞めて起業するまでのストーリーを読んでみる


 

興味があればぜひ読んでみてくださいね。


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。


 

もしこの記事が面白かった!役に立った!

と思われたら下のボタンからシェアしていただけると嬉しいです。

そして少しでも多くの人の助けになれば幸いです。

【脱公務員するまでのストーリーを公開中!】

次世代紹介アニメ    

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です