【僕の人生を変えた無料動画とは…?詳しくはこの画像をクリック!】

【必読】定年まで社畜やりたくない人が自分で稼げるようになる無料動画とは?【プロが教える】

【時短】Amazon物販のすゝめ【個人で稼ぐ方法】

【時短】Amazon物販のすゝめ【個人で稼ぐ方法】
ヒロ
こんにちは!公務員を辞めて物販で起業成功した管理人のヒロです^^

詳しいプロフィールはこちら

これから物販を始めるときに、

なんでみんなAmazonでやってるの?
ヤフオクやメルカリじゃダメなの?

と疑問に思うかもしれませんね。

 

もちろん、

ヤフオクやメルカリでも

販売することはできます。

 

でも僕は、物販をするなら

Amazon一択かなと思っています

 

僕がAmazonを勧める理由は、

Amazonは仕事を効率的に進める仕組みが

すべて整っているからなんです。

 

だから、Amazon以外で物販を始めると、

作業が大変で時間がいくらあっても足りない…

と、せっかく頑張っても諦めてしまうかもしれません。

 

そうならないために今回は、

Amazonを使うとなぜ作業がラクになるのか

を説明していきたいと思います。

商品が売れるまでの流れとは?

商品が売れるまでの流れとは?

そもそも物販で商品が売れるまでの

流れがどうなっているのかを説明すると…

一般的な物販の流れ

  1. 商品を仕入れる
  2. 商品を出品する
  3. 売れたらお客さんに納品する
  4. 何かあればアフターフォローをする
  5. お金が入金される

物販の大まかな流れは

このようになっています。

 

出品する場所が変わるくらいで、

あとはだいたい一緒ですね。

 

ここからはメルカリを例に出して、

Amazonとの違いを説明していきます。

メルカリを利用する場合は?

メルカリを利用する場合は?

まずはメルカリを利用する場合の

流れを説明していきますね。

メルカリに商品を出品するには?

商品をメルカリで出品するときは

最初に商品情報を入力していきます。

入力する内容

  • 商品画像
  • 商品名
  • 商品説明
  • 商品の詳細(カテゴリー/ブランド/状態)
  • 配送について(送料の負担/日数など)
  • 販売価格

このような内容を

商品ごとに入力して出品します。

質問・問い合わせに答えながら売れるのを待つ

メルカリは出品されている

商品をだれでも自由に買うことができます。

 

でも僕がやってみた感想は、

まず「値引き交渉」や「商品の質問」がきて、

それに応えてから売れるパターンが多いですね。

 

なので出品している商品が多いと

やり取りが大変に感じる人もいるかもしれません。

売れたら商品を配送する

そして出品している商品が売れたら

商品を包装して配送します。

 

たとえば僕の場合、デジカメが売れたら、

プチプチや新聞紙などでしっかり包んで、

ダンボール箱に入れて送ってました。

 

万が一クレームが来たら大変なので

けっこう慎重にやってましたね。

 

包装が完了したら

あとは近くのコンビニから

送るという流れです。

受取評価をしてお金が振り込まれる

商品を配送したら

お客さんに届くのを待って、

受取評価をしてもらいます

 

メルカリでは出品者と購入者が、

  • 商品説明の通りだったか
  • 配送までの時間
  • 態度や言葉使い
  • etc…

といった内容を評価し合って

取引が完了します。

 

メルカリではこの受取評価が終わらないと、

お金が振り込まれない仕組みになっています

 

僕は経験ありませんが、

連絡が返ってこない!
評価をつけるのが遅い!

と困っている人もいるようでした^^;

何かあればアフターフォローをする

もしかしたら届いた商品が壊れていたり、

間違って違う商品を送ってしまうかもしれません。

 

このような不備があったときは、

お客さんとやり取りをして、

返品作業などの対応をすることもあります。

 

という感じでざっくり説明しましたが、

これがメルカリでの一連の流れですね^^

Amazonを利用する場合は?

Amazonを利用する場合は?

では、Amazonを利用すると

どうなるのかを説明していきますね。

Amazonなら商品を出品するのも簡単?

先ほどのメルカリの場合は、

商品ごとに写真を撮って、

説明文を入力していました。

 

でもAmazonの場合は、

商品のページがもともとあるので、

そのまま利用することができます

Amazon出品の説明

たとえば、このデジカメの商品ページは、

Amazonにあるものを使えるので、

写真も商品説明も詳しいスペックも

なにも記入する必要はありません。

 

赤丸で囲んだとろろを見てもらうと、

この1つの商品ページに32人が出品してますよね?

 

だから商品数が多くなればなるほど、

Amazonはラクというわけです。

FBAという超便利なシステムを使える

商品数が増えれば大変になるのは、

出品だけではありません。

  • 売れるまで在庫を保管
  • 売れたときの配送作業
  • アフターフォロー
  • etc…

これをあなたが

全部一人でやるとなったら、

相当大変ですよね?

 

ところがAmazonなら

FBA」というAmazonの倉庫を使える

便利なシステムがあります。

 

どのくらい便利なのかというと・・・

FBAがやってくれること

  • 商品をAmazonの倉庫で預かってくれる
  • 商品が売れたらAmazonが配送作業をしてくれる
  • 返品・返金の対応をAmazonがやってくれる

これを全部やってくれるんです!

 

だから一人でたくさんの商品を出品しても

問題なく販売ができるというわけです。

 

あなたがやるのは、

たまに来るお客さんからのメールの対応と

商品をAmazonの倉庫に送る作業だけ。

 

簡単ですよね?^^

 

このシステムがあるから

僕も一人でやることができたわけです。

 

これがAmazonをお勧めする1番の理由ですね

FBAの仕組みを使えば個人でもしっかり稼げる!

FBAの仕組みを使えば個人でもしっかり稼げる!

ということで、Amazonを使うと

なぜ便利なのかを説明してきました。

 

もしFBAという仕組みがなかったら、

個人で稼ぐのも難しいですよね?

 

これだけの仕組みを作ろうと思ったら、

人を何人も雇ったり、倉庫を借りる必要もあります。

 

それに全部一人でやろうと思ったら、

商品を仕入れる時間もなくなってしまいますよね^^;

 

だからこういった仕組みを

上手に利用することが大事なんです。

 

ただ、AmazonのFBAを使うと

商品ごとに手数料がかかります

Amazon手数料デジカメ

ちなみに、さっきのデジカメが

24,000円で売れた場合の手数料は2,328円です。

 

もし人を1人雇ったら月に20万円とかかかるし、

Amazonが24時間勝手に販売してくれることを考えたら

僕は安いんじゃないかなぁと思いますけどね。

 

これを安いと思うか、

高いと思うかはあなた次第ですが、

僕は超便利なFBAをお勧めします。

 

このような仕組みを上手に使うことで、

個人でもビジネスを始められるというわけです

 

これは物販以外でも大事な考え方で、

今だとインターネットがあるし、

便利なシステムもたくさんあります。

 

だから、システムに任せられることは全部任せて、

自分にしかできないところにだけ集中すると、

どんなビジネスでも早く結果を出すことができます

 

物販の場合は、

自分は仕入だけに集中して、

その後はAmazonに任せる

という感じですね。

 

こういう考え方を知ったのは

僕がビジネスを勉強したからで、

起業するときに非常に役に立ちました。

 

僕が学んだ内容が今無料で見れるので、

ぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

爽やかな青い空、自由と旅人

【必読】定年まで社畜やりたくない人が自分で稼げるようになる無料動画とは?【プロが教える】

2020-03-14

 

それでは!

今回のまとめ

まとめ
  • AmazonのFBAを使うと便利
  • 商品の保管、配送作業、返品対応すべてやってくれる
  • 時間に余裕ができて仕入れに集中できる

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました!!

 

感想、コメント大歓迎です^^

【入門】モノレートの見方・使い方を解説【Amazonで売れる商品を知る】

【入門】モノレートの見方・使い方を解説【Amazonで売れる商品を知る】

2020-02-17
売上のイメージ図

副業でも簡単!?物販で起業して月商177万円稼いだときの話。【売上を晒す】

2019-10-15

【無料プレゼント!】

次世代紹介アニメ    

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です