【僕の人生を変えた無料動画とは…?詳しくはこの画像をクリック!】

【必読】定年まで社畜やりたくない人が自分で稼げるようになる無料動画とは?【プロが教える】

【重要】売上に影響するAmazonの出品ツールって?【脱・新規出品者】

【重要】売上に影響するAmazonの出品ツールって?【脱・新規出品者】
ヒロ
こんにちは!公務員を辞めて物販で起業成功した管理人のヒロです^^

詳しいプロフィールはこちら

物販を始めてすぐのころは、

モノレートで売れそうな商品を見つけて
Amazonに出品したのになかなか売れない…

と悩むことがありました。

 

もちろんモノレートで調べても

読みが外れて売れないということはあります。

 

でも、しっかりグラフを読めていたとしても

なかなか売れないときもあるんですよね。

 

これには理由があって、

商品が売れにくい理由

  • 価格でライバルに負けている
  • セラー(自分のお店)の信用が低い

大体はこの2つのパターンです。

 

でも、僕の場合はというと、

最初から”出品ツール”というものを使ったので、

あまり苦労せずに商品も安定して売れていました。

 

この出品ツールは物販で月商500万円以上を

安定して稼いでいる先輩から初めに教わったもので、

Amazonへの出品作業が楽になるだけでなく、

商品の売れるスピードにもかなり影響するものです

 

これを使わないと正直きつかったし、

使ってない人はいないんじゃないか?

と思うほど必須のツールなので、

今回の記事で紹介していきますね。

初心者がAmazonでなかなか商品が売れない理由って?

初心者がAmazonでなかなか商品が売れない理由って?

冒頭でも少し説明しましたが、

初心者がAmazonで商品が売れにくいのは、

商品が売れにくい理由

  • 価格でライバルに負けている
  • セラー(自分のお店)の信用が低い

この2つが原因です。

価格でライバルに負けている?

まず”価格で負けている”パターンです。

 

これはどういうことかというと、

他のお店よりも自分の商品の値段が

高くて売れないということです。

 

もちろん他のお店が1,000円なのに、

自分のお店が2,000円とかで

出品していたらまず売れません。

 

これは当たり前ですが、

Amazonではたった1円高いだけでも

商品が売れなくなってしまいます。

 

というのもAmazonでは基本的に、

最低価格の商品から売れていく仕組みなので、

周りよりも1円でも安ければ有利になります。

 

なので早く売るために、

他のライバル店よりも

価格を下げるお店もあります。

 

たとえば、

Amazonでの商品価格

  • A店:100円
  • B店:99円

という場合は、

B店の商品から売れていきます

 

このとき、B店の在庫が1つしかなかったら、

先にB店がいなくなって次にA店の商品が売れるので

月に5個売れる商品なら問題ないです。

 

でも、もしB店の在庫が10個あったら、

その10個がなくなるまでA店の商品は売れません

これではいつまでも売れなくて困りますよね^^;

 

じゃあ早く売るためには

どうしたらいいのかというと、

早く売るための方法

  • A店も99円にする
  • A店が98円にする

このどちらかにする必要があります。

 

もしA店もB店も99円なら

どちらからも売れるようになりますし、

A店が98円なら独占することもできますよね。

 

だから出品した商品の価格は

日頃から確認することが大事になってきます。

 

もちろん価格のチェックは

毎日自分でやることもできますが、

ちょっと”非現実的”です。

 

それはなぜかというと、

僕でさえも600種類以上の商品を販売してきたし、

たとえ扱う商品数が少なかったとしても

商品の値段は24時間いつ変わるかわかりません

 

それは夜中かもしれないし、

一日数回変わるときだってあるので、

ツールなしでは把握しきれないということです。

 

ちなみに、商品の需要が上って、

最低価格が上がるということもあります。

 

それに気づかないと、

「自分だけ利益が減ってしまう」

なんてことにもつながります。

セラー(自分のお店)の信用が低い?

あと先ほどのA店とB店の例で、

値段が一緒ならどちらからも売れる

という話をしましたが例外もあって、

それはお店の信用が関係してきます。

 

Amazonで販売されている商品には

★5つで評価があるんですが、

これはお店ごとの評価もあるんですよね。

Amazon評価

たとえば、とある本を出品している

この2人の出品者を見た場合、

あなたはどちらから買いますか?

ということです。

 

もし商品の値段が一緒なら、

上の出品者から買うのではないでしょうか?

 

というのも、上のお店は商品の説明文もあるし、

98%の高評価で5,731件も評価されています。

 

一方で下のお店は商品の説明文もなく、

89%の高評価で27件の評価数です。

 

要は「お店の信用」ですね。

 

もちろん下のお店も全然悪いわけではないですが、

これがもし「新規出品者」や「評価が低い」場合は、

お客さんの不安も増えて売れにくくなってしまいます

 

特に新規出品者の場合には、

評価のところに「新規出品者」と

表示されてしまいますからね。

 

新品商品ならまだいいですが、

これが中古商品自己配送の場合は

お客さんへの影響も大きくなります。

 

とはいえ、

もちろん最初は誰でも

“新規出品者”です。

 

なので、いかに早く

「最初の評価をもらえるのか」

ということが大事です。

 

で、そのために効果的な方法が

“出品ツール”を使うと簡単に出来るんですよね。

出品ツールでできることって?

出品ツールでできることって?

ここまでで、商品を売るためには、

価格のチェックとお店の信用を上げること

が大事だという話をしてきました。

 

で、これを効率よくやってくれるのが、

僕が使っていた「Cappy(キャッピー)」というツールです。

 

詳しくはこの画像をクリックしてください。

 

もちろん出品ツールなので、

Amazonに出品するときも、

消費期限を入力しなくてよかったり、
(要期限管理商品)

仕入ツールからデータを送ってすぐに出品できる

といったメリットもあります。

 

その機能とプラスして、

Cappyできること

  • 販売価格の自動調整
  • サンクスメールを自動で配信

こんなこともできる

非常に便利なツールです。

 

ちなみに、「要期限管理商品」や

「仕入ツール」については、

別の記事で解説しています。

【FBA】要期限管理商品って?Amazonで物販やるなら必見!【納品の基本】

【FBA】要期限管理商品って?Amazonで物販やるなら必見!【納品の基本】

2020-03-06
【入門】仕入アプリを使って効率化?【店舗から商品を仕入れる】

【入門】仕入アプリを使って効率化?【店舗から商品を仕入れる】

2020-03-02

販売価格を自動で調整してくれる?

まず販売価格を自動で調整する機能があるので、

一度設定してしまえば価格変動に合わせて、

自動で設定した値段に合わせてくれます

 

たとえば、最安値に合わせるとか、

ライバルの値段に合わせるといった

いろんな設定ができます。

 

さらに「赤字ストッパー」というものもあるので、

値段が勝手に下がりすぎるということもありません。

 

たとえば、赤字ストッパーを「1,000円」にしたら、

1,000円以下になることもなくなるので安心ですよね。

 

これを休まず自動でやってくれるので

めちゃくちゃ便利なツールなんです。

サンクスメールを自動で配信してくれる

さらに、サンクスメールの自動配信もしてくれます。

 

「サンクスメール」というのは、

Amazonで買ってくれたお客さんの

アフターフォローをするものです。

 

たとえば、僕が送っていたのはこんな内容のメール。

〇〇様

△△ Amazon店でございます。

この度はアマゾンマーケットプレイスにて、
当店よりご注文いただきまして誠にありがとうございます。

ご注文の商品は問題なく
お受け取り頂けましたでしょうか?

・ご注文内容はこちらです。

万が一商品に不備があった場合は

こちらのフォームからご連絡ください。

⇒URL

 

この度は当店をご利用頂きまして、
本当にありがとうございました。

またのご利用を心よりお待ちしております。

△△ Amazon店

Amazonなどのネットショップで買い物をすると、

後日こんなメールが届きますよね?

 

で、このサンクスメールを送るのはかなり大事で、

万が一商品に不備があった場合のフォローにもなるし

お客さんから評価をしてもらいやすくなります

 

なので、悪い評価が付くのを未然に防げるし、

お店の評価をもらえる確率が上がるということです。

 

この2つはほんとに大事で、

Amazonで物販をするときに

売上に直結する部分ですからね。

 

でも、このメールを毎回手動で送ったら

大変すぎて時間も取られてしまうし、

送り忘れなんてこともでてきます。

 

それをCappyは一回だけ設定すれば、

あとは決まった時間に好きな文章を

自動で送信してくれるいうわけです。

 

この機能は便利すぎるので、

Cappyを導入したら必ず使うべきです

システムを使って効率化する?

で、このツールは月額3,980円かかるんですが、

ここまで説明してきたことを一人でやるのはまず無理だし、

ツールでできることはツールに任せるのが賢いやり方です

 

こういうのを「システム化」っていうんですけど、

自分にしかできないことに集中して取り組むのが

ビジネスを成功させるためにとても大切です。

 

それにビジネスで成功している僕の先輩方で、

システムを使っていない人はいません

 

たとえば、Amazon物販で言ったら、

自分にしかできないことは商品の仕入れなので、

それ以外の作業はAmazonFBAや出品ツールを

使うのが一番効率の良いやり方です。

 

もちろん組織化すれば、

商品の仕入を人に任せることも

できますけどね。

 

ビジネスマインドを鍛えると

こういった考え方も普通にできるようになるし、

やっぱりビジネスの勉強って大事だなと思いますね。

 

最後にちょっと話が脱線しましたが、

今回紹介したCappyなどのツールを

使って効率良く稼いでいきましょう!

 

ということで今回は以上です^^

それでは!

今回のまとめ

まとめ
  • 売りやすくするためにライバル店の値段を確認する
  • お店の信用を上げるために良い評価をもらう
  • 出品ツールを使って自動化する

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました!!

 

感想、コメント大歓迎です^^

【注目】Amazonの引当金って?売上の振込について解説【キャッシュフロー】

【注目】Amazonの引当金って?売上の振込について解説【キャッシュフロー】

2020-02-28
Amazonで販売するときの仕入れ資金はどのくらい必要?【資金の作り方】

Amazonで販売するときの仕入れ資金はどのくらい必要?【資金の作り方】

2020-02-24

【無料プレゼント!】

次世代紹介アニメ    

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です