【僕の人生を変えた無料動画とは…?詳しくはこの画像をクリック!】

【必読】定年まで社畜やりたくない人が自分で稼げるようになる無料動画とは?【プロが教える】

副業でも簡単!?物販で起業して月商177万円稼いだときの話。【売上を晒す】

売上のイメージ図
ヒロ
こんにちは!公務員を辞めて物販で起業成功した管理人のヒロです^^

詳しいプロフィールはこちら

僕は2018年の8月に開業届を出して

9月から物販を始めました。

物販とは、

「何か商品を売る

仕事のことです。
(そのまんまです)



例えばフリマサイトで、

自分の不用品を販売して

お金を稼いだことはありませんか?

これも物販です。


他にもAmazonに出品したり、

楽天などで売るのもすべて物販です。


僕は本業としてやっていましたが、

覚えてしまえば簡単なので副業で始める人もたくさんいます。

結果が出るのも早いのでオススメです^^


僕が物販から始めたのも、

ノウハウもあって成功してる人も多いし、

結果が出るのが早いとわかったからです。


今回の記事では、

実際に僕がやっていた方法と、

どのくらい稼いでいたのかを

書いていきますね^^

最初は店舗せどりをやってみた

最初は店舗せどりをやってみた

僕がやった方法は

店舗せどり」と言って、

実際にお店に行って仕入れるものを探して、

Amazonで売る方法です。


Amazonの方が高く売れれば利益になります。

 

安く買って高く売るだけなので、

そこまで難しく考えなくていいです。

 

店舗せどりは昔からあるやり方ですが、

はじめての僕でもちゃんと稼ぐことができました。


仕入れに行くお店はさまざまで、

  • 家電量販店
  • 総合スーパー
  • ドラッグストア
  • カー用品店
  • 中古リサイクルショップ
  • ホームセンター
  • etc…

ここに書いたお店は全部リサーチしていました。


最初はちょっと大変ですが、

  • どの店舗で?
  • どんな商品を?
  • どのくらい仕入れられるのか?

という店舗のデータ収集のためです。


慣れてくると行く時期や店舗がわかってくるので、

作業時間もだいぶ少なくなります。


最初の方は毎日6時間以上店舗をリサーチしてましたが、

最後の方は1ヶ月のうち1週間くらいしか仕入していません。



最初は初めてで全く知識がないので、

何もわからなくて不安でした。

 

でも今だとモノレートというサイトを使えば、

Amazonで何が、いくらで、どのくらい売れるのか

無料で簡単に調べることができます。

モノレート

 

モノレートについてはこちらの記事で解説しています。

【入門】モノレートの見方・使い方を解説【Amazonで売れる商品を知る】

【入門】モノレートの見方・使い方を解説【Amazonで売れる商品を知る】

2020-02-17

 

毎回モノレートで商品をリサーチして仕入れるので、

きちんと見方と使い方を勉強すれば、

仕入れた商品が全く売れないということはほとんどありません。
(ミスって仕入れたことももちろんあります)


もし仕入れた商品が売れなかった場合の対策はコチラ。

【解決策】Amazonで不良在庫が出てしまったら?【損しない対処法】

【解決】Amazonで不良在庫が出てしまったら?【損しないための手順】

2020-02-23

 

仕入のときはスマホの検索アプリもあるので、

その場で商品のバーコードを読み込ませて、

すぐに調べることができます。


僕が使っていたアプリは、

有料のせどりすとプレミアムで月5,000+税でした。
(⇒せどりすとプレミアム)

快適でオススメですが、ちょっと高いと思うかもしれません。


僕も最初は無料アプリアマコードを使ってましたね。

無料でもちゃんと仕入れられたのでこれでも大丈夫です。


仕入アプリについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

【入門】仕入アプリを使って効率化?【店舗から商品を仕入れる】

【入門】仕入アプリを使って効率化?【店舗から商品を仕入れる】

2020-03-02

 

店舗で調べる商品は、

  • セール品
  • 処分品
  • 型落ち品
  • 中古品

基本的にこのあたりの商品です。

それ以外だとプレミア価格のもの以外はあまり仕入れられません。
(希少価値の影響で定価より値段が上がっているもの)


ただ商品のジャンルが多いので、

最初はリサーチに時間がかかりましたね。

今だったら最初から中古の家電メインがいいかなと思います。

理由は利益率の高さとかいろいろありますが、

長くなるので今回は省略します。



仕入れた商品はAmazonのFBAというシステムを使うと
(僕は大口出品で月4,900円+税)

商品が売れた後の包装、配送、返品対応などを

すべてAmazonでやってくれるので、

僕みたいに一人でも簡単にできます!!

AmazonFBA

 

このシステムを使うと、

全国にあるAmazonの倉庫を借りることができるので、

仕入れた商品をAmazonの倉庫に送るだけで、

あとは何もしなくていいんです!


だから仕入れに集中するだけでいいので、

これはほんとに便利ですよ^^

 

FBAについてはこちらの記事でも詳しく説明しています。

【時短】Amazon物販のすゝめ【個人で稼ぐ方法】

【時短】Amazon物販のすゝめ【個人で稼ぐ方法】

2020-02-18

開始2ヶ月で月商95万円、利益25万円を達成

最初は不安もありましたが、

モノレートの勉強をしてとりあえずやってみたら、

開始2ヶ月目で月商95万円、利益が25万円超えることができました。


もう少し時間がかかるかなと思っていたので、

これは自分でも驚きましたね!笑


このときはとにかく行動してました。

他の成功している人も最初はみんな行動していたので、

僕も真似して頑張った感じです。


この1ヶ月は毎日6時間以上、店舗にこもって

ずっと商品をリサーチしていたので楽ではなかったですね^^;


早く結果が出るように休みの日も作りませんでした。

車で移動中に休むみたいな感じです。笑


ただ、会社と違ってうるさい上司もノルマもないので、

精神的ストレスがほぼありません。


あとはセミナー聞きながら作業していたので、

勉強もできて一石二鳥でした^^


他の県までプチ旅行みたいな感じで

仕入れに行くのも楽しかったですよ。


こんな感じで毎日気楽にやってました^^


たとえ僕みたいに毎日できなくても、

少しずつコツコツやっていれば、

誰でも稼げるようになるはずです。



もちろんたくさんやればやるほど、

早く習慣化されて仕入れも楽になります。

新しいことをするのは大変ですが、

習慣化するためにも最初は頑張った方が良いですよ。

一回慣れるとほんと楽ですから^^

最高月商177万円、利益27万円を9ヶ月で達成

そのまま店舗せどりを続けた結果、

9ヶ月目で最高月商177万円、利益27万円を達成しました。


このときは店舗せどりに慣れていたので、

1週間くらいしか働いていません。


それでも毎日やっていた時と同じくらいの

金額を稼げるようになりました^^


店舗データもたまっていたので、

このころは仕入れられる店舗の時期、

商品のジャンルがわかっていました。


だから毎日仕入れに行かなくてもよくなって、

自由な時間がかなり増えましたね。


僕が刑務官のときの手取りと同じくらいの額を

1週間で稼げるようになったのは嬉しかったですよ^^


ただ、3ヶ月目くらいのときに、

店舗だけではなく、電脳仕入といって

インターネットからの仕入れも覚えようとして

結構苦戦したことがあります^^;


店舗も電脳もどちらもそこまで慣れていなかったので、

逆に月商も利益も下がってしまいましたね。


なので、一気にたくさんのことをやるよりも、

最初は1つのことをやり方を続けた方がいいです。


そうすれば僕ももっと早く楽になっていたと思います。




と、ここまで僕の実績を書いてみましたが、

物販というビジネスを知ったおかげで、

自分で稼ぐことができるようになったし、

自分に自信もつきました^^



物販はモノレートがあるのでリスクも少ないし、

結果が出るのも早いところが魅力です。


最初になにをするか迷ったときは物販も

考えてみてくださいね^^



それでは!!

【注目】Amazonの引当金って?売上の振込について解説【キャッシュフロー】

【注目】Amazonの引当金って?売上の振込について解説【キャッシュフロー】

2020-02-28
Amazonで販売するときの仕入れ資金はどのくらい必要?【資金の作り方】

Amazonで販売するときの仕入れ資金はどのくらい必要?【資金の作り方】

2020-02-24

今回のまとめ

まとめ
  • 物販=何か商品を売る仕事
  • 最高月商177万円、利益27万円達成した
  • 物販は結果が出るのが早い
  • モノレートなどの検索ツールがあるからリスクが少ない
  • AmazonFBAを使えば仕入れ以外をやってもらえる

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました!!

 

感想、コメント大歓迎です^^

【無料プレゼント!】

次世代紹介アニメ    

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です