すでに4,000名以上が視聴し、僕の人生も好転させた7時間の無料動画がすぐにもらえる?【詳しくは漫画をクリック!】

【必読】定年まで社畜やりたくない人が自分で稼げるようになる無料動画とは?【プロが教える】

【比較】Amazonの大口出品と小口出品の違いって?【初心者向け】

【比較】Amazonの大口出品と小口出品の違いって?【初心者向け】
ヒロ
こんにちは!公務員を辞めて物販で起業成功した管理人のヒロです^^

詳しいプロフィールはこちら

Amazonで物販を始めるときに、

Amazonを利用するのにお金がかかるんでしょ?
契約するときの大口出品と小口出品は何が違うの?

と、よくわからなくて悩みますよね?

 

でも、最初にしっかりと

内容を理解せずに契約すると、

出品した商品が売れにくかったり

サポートが制限されてしまうこともあります

 

僕は最初から大口出品でやってましたが、

もちろんお勧めは大口出品ですね^^

 

といことで今回の記事では、

Amazonと契約するときの

大口出品と小口出品の違いについて

解説していきたいと思います。

大口出品と小口出品の料金の違いって?

大口出品と小口出品の料金の違いって?

これからAmazonで物販を始めようと思ったら

最初にAmazonと契約して、

大口出品」か「小口出品」の2つから

契約内容を選ぶ必要があります。

 

まずはそれぞれの料金の違い

について説明してきますね。

小口出品の料金とは?

まず小口出品ですが、

こちらは月額利用料がかからずに、

1商品売れるたびに

100円+税がかかる料金設定です
(販売手数料も別でかかります)

 

なので、

「ちょっとだけ試してみたい」
「不用品を売ってお金にしたい」

という場合には、

小口出品は便利なサービスです。

大口出品の料金とは?

次に大口出品について説明します。

 

まず大口出品の料金ですが、

月額4,900円+税がかかります
(こちらも販売手数料は別です)

 

なので、月に50個以上の商品を売れば

大口出品の方がお得になる計算です。

 

物販を本格的にはじめれば、

月に50個以上売ることは

当たり前になってくるので、

最初から大口出品がお勧めですけどね。

大口出品が圧倒的にお勧めの理由って?

大口出品が圧倒的にお勧めの理由って?

僕は最初から大口出品で始めましたが、

月額料金を払っても大口出品を

お勧めする理由が3つあります。

大口出品がお勧めの理由

  1. 購入者の決済方法が増える
  2. カートに入りやすくなる
  3. 電話とチャットで質問できる

他にも便利なサービスがありますが、

特に注目したいのがこの3つです。

 

ということで順番に説明していきますね。

購入者の決済方法が増える

まず大口出品にすると

購入者(お客さん)の決済方法が増えます

 

大口出品で使える決済方法ですが、

大口出品の決済方法

  1. クレジットカード
  2. Amazonギフト券
  3. Amazonショッピングカード
  4. 請求書払い
  5. 携帯決済
  6. コンビニ決済(大口出品のみ)
  7. 代金引換(大口出品のみ)
  8. Edy払い(大口出品のみ)

この8つが使えるようになります。

 

ここで注目してほしいのが、

小口出品の決済方法にはない、

コンビニ決済」と「代金引換」です。

 

最近ではキャッシュレス化が進んで、

クレジットカードなどで支払うことも増えてますが、

一方で、現金で支払う人もまだまだ多いです。

 

というのも、僕が実際にやっていて、

「コンビニ決済」や「代金引換」で注文する

お客さんがたくさんいましたからね。

 

なので、支払方法が多いというだけで

あなたの商品が売れやすくなるというわけです。

カートに入りやすくなる

Amazonで商品を買うときには、

カートに入れる」というボタン

を押して購入画面に進みます。

 

なので、自分の商品が売れるためには、

カートに入れてもらわないといけません。

 

このときに大口出品の場合には、

優先的にカートに入れてもらえるようになります

 

Amazonで物販をやっている人は

大口出品の人が多いので、

もし自分だけ小口出品だったら、

カートに入れてもらうのは大変です。

 

だから、決済方法が少なかったり、

優先的にカートに入れてもらえない

ことを考えると、大口出品のほうが

ずっと売りやすいというわけです。

テクニカルサポートに電話とチャットで質問できる

あとはAmazonで物販をやっていれば、

システムのことやお客さんの対応などで

どうしたらいいのかわからないときがあります。

 

そんなときは、

Amazonの「テクニカルサポート

というところに質問することができます。

 

テクニカルサポートは、

出品者のためにAmazonのスタッフが

わからないことを教えてくれるところです。

 

テクニカルサポートへ質問するときは、

テクニカルサポートへの質問方法

  • 電話
  • メール
  • チャット

この3つの方法があるんですが、

大口出品はどの方法でも質問できるのに対し、

小口出品はメールのみで対応します

 

「メールできるならいいじゃないか!」

と思うかもしれませんが、

メールだとすぐに対応してもらえません。

 

僕もメールを使ったことがありますが、

だいたいはメールを送った次の日に

返答がくることが多かったですね。

 

で、僕が便利だと思ったのが、

チャット」です!

 

チャットを使うと、

チャットのメリット

  • すぐつながる
  • 返答が早い
  • 24時間対応

という感じです。

 

毎回丁寧に教えてもらえるし、

困ったときにすぐ解決できるのは

ほんとに助かりましたね。

 

このサポートがあるから

一人でも安心して物販をやる

ことができるんですよね。

 

ちなみに、電話の場合は

9時~18時だけ対応してくれますよ

FBAはどちらでも使える?

FBAはどちらでも使える?

Amazonで物販をするときの

一番のメリットでもあるFBAは、

大口出品でも小口出品でも使うことができます

 

ただ、小口出品の場合は、

商品ページにプライムマーク(prime)

が付かないので注意してください。

プライムマーク

やっぱりプライムマークが

ある方が売れやすいんですよね。

 

なので「大口出品+FBA」を使えば、

あなたもAmazon物販で早く結果を出すことが

できるようになりますよ。

 

もしFBAについてよくわからないときは

こちらの記事の中で解説しているので

ぜひ読んでみてください。

【時短】Amazon物販のすゝめ【個人で稼ぐ方法】

【時短】Amazon物販のすゝめ【個人で稼ぐ方法】

2020-02-18

 

ということで今回は

大口出品と小口出品の契約内容の違い

について説明してきました。

 

ここまで読んでいただければ、

僕が大口出品を勧める理由が

伝わったかなと思います^^

 

もう大口出品一択になりますよね?

 

でも、もしかしたら

最初から月額5,000円を払うのって

ちょっと抵抗があるかもしれません。

 

確かに初めてだと不安だし、

損したくない気持ちもわかります。

 

でも、最初にお金を使って

早く軌道に乗せた方が

結果的にたくさん稼げますからね。

 

それでも考えてしまうという場合は、

サクッと稼げる方法も紹介しているので、

初期費用として使ってみてください。

【簡単】ネットで安全にお金を稼ぐ方法って?【稼げることを知る】

【簡単】ネットで安全にお金を稼ぐ方法って?【稼げることを知る】

2020-02-15

それでは!

今回のまとめ

まとめ
  • 大口出品が圧倒的にお勧め
  • 大口出品は商品が売れやすくなる
  • チャットや電話のサポートも受けられる

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました!!

 

感想、コメント大歓迎です^^

【注意】Amazonの出品制限って?確認方法を紹介【知らなきゃ損】

【注意】Amazonの出品制限って?確認方法を紹介【知らなきゃ損】

2020-02-20
【入門】モノレートの見方・使い方を解説【Amazonで売れる商品を知る】

【入門】モノレートの見方・使い方を解説【Amazonで売れる商品を知る】

2020-02-17

【脱公務員するまでのストーリーを公開中!】

次世代紹介アニメ    

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です