【僕の人生を変えた無料動画とは…?詳しくはこの画像をクリック!】

【必読】定年まで社畜やりたくない人が自分で稼げるようになる無料動画とは?【プロが教える】

【学科・作文】刑務官試験を1回で合格したときの勉強方法を書いてみた

ノートを開き試験勉強をしている人
ヒロ
こんにちは!公務員を辞めて物販で起業成功した管理人のヒロです^^

詳しいプロフィールはこちら

僕は民間で働いていましたが、

会社を辞めて1年間勉強して、

1回で刑務官の試験に合格することが出来ました。


いきなりですが、

あなたは「刑務官」って漢字で書けますか?

僕は書けませんでした 笑
(当時社会人3年目の25歳)

もちろん作文も計算問題も一切できません^^;


こんな状態でも1回で筆記試験を突破したときの

勉強方法を書いていきますね^^

勉強ができない僕でも学科試験を突破した方法

僕が試験を突破した方法は、


正しい勉強法」を

徹底的にやる」ことです!


実際に何をどのくらい勉強していったのか

順番に説明していきますね^^


正しい勉強法を身につける

まず刑務官試験の専門の参考書はないので、

国家一般職警察官の参考書を買おうと考えていました。
(どっちも高卒レベル)

もし独学で頑張るならそれでいいと思います。



ただ、僕は実際には買っていません。

本屋で立ち読みして回答を見ても

まったく理解できなかったからです^^;

こんな状態では問題集を買って

独学で頑張っても絶対に無理だと

自分でもわかっていました。
(基礎学力なさすぎです)


そこで、どうしようか考えた結果、

僕は「予備校」に1年通いました。

※東京アカデミーの
高卒・短大卒程度公務員試験対策講座です。


やっぱり直接プロから教わるのは

効率が良いと思ったんです。

実際この決断は間違っていませんでした。

だって予備校に入ってしまえば、

  • 公務員試験に必要な教材がすべて手に入る
  • 基礎から応用まで順番に学べる
  • 作文・面接の練習もできる
  • 先生の教え方がうまい
  • 予備校の全国模試で実力がわかる
  • 試験対策以外の無駄なカリキュラムがない
  • わからないことは聞き放題
  • 過去の試験データが見放題
  • 勉強に集中できる環境が手に入る

これだけのメリットがあります。

 

予備校のデメリット学費がかかることですが、

公務員になってしまえば数ヶ月で元は取れます。

何年も独学で頑張るよりも時間も短縮できますし、

僕みたいに勉強が苦手な人には絶対オススメです。


という感じで、

予備校に入るだけで、

正しい勉強法」を学ぶことができるので
(教材+取り組み方)

もう半分合格したようなものです^^



※ちなみに公務員試験の専門学校もあります!

専門学校と予備校の違いをざっくり解説

専門学校

  • 公務員試験のほかに資格試験の勉強もできる
  • 入学式、卒業式、修学旅行などのイベントがある
  • 学割が使える
  • 授業料高い
  • 2年制が多い

予備校

  • 公務員試験以外の勉強はしない
  • イベントもなく、学歴にならない
  • 学割がない
  • 授業料が安い
  • 短い期間でも通うことができる
僕は最短で公務員になりたかったので、
予備校にしました。

詳しくは気になる学校のホームページを
参考にしてみてください。

時間を確保して徹底的にやる

あとは「徹底的にやる」ですが、

このとき僕は仕事を辞めて貯金生活しながら、

毎日7~8時間くらい勉強してました。
(予備校+自主学習)

試験まで約1年間ずっとです。


公務員試験は時間確保がほんとに重要です。

どんなに良い教材があっても、

やらなければ意味がありません。
(あたりまえですが)

大変に感じるかもしれませんが、

合格までは趣味やSNSなどの楽しい時間を

全て犠牲にして取り組まないと厳しいと思います。

何回も復習するにはかなりの時間が必要です。


予備校の参考書と問題集は

全部でだいたい10冊ほどありましたが、

苦手な英語と古文と芸術の3つは捨てて、

それ以外の教科はほぼ全部やりました。


本番の試験で英語の問題は4問くらいあるので、

ほんとは捨てない方がいいですが、

僕は勉強しても全く理解できなかったので

時間確保のために諦めました^^;


特に力を入れたのが、

「社会科学」と「数的処理

の2つです。

刑務官試験はこの2つの出題が多いです。
(ほかの公務員試験も一緒)

  • 数的処理→数的推理、空間把握、判断推理、資料解釈
  • 社会科学→国際、法律、政治、経済、社会

 

数的処理とかの計算問題は100均から

真っ白い落書き帳を何冊も買ってきて

ボールペンで書きまくってました。

間違っても新しく書いた方が早いので、

僕はボールペン派です^^

とにかく数をこなせば

解けるようになってきます。

 

 

社会科学とかの暗記物は

マークシートの問題の選択肢1~5のすべて

どこが間違っているのか説明できるようになるまで

何度も参考書に蛍光ペンで線を引いて

調べながら過去問を繰り返しました。
(最低3週はしました)

どの科目でも過去問は3週くらいはやった方がいいですね。



作文に関してはそこまで時間を割かなかったです。

ただ練習で何度か書いてみた方がいいですね。

僕も久しぶりに書いてみると

やっぱりうまく書けなかったです^^;

本番は600字ですが、予備校だと800字で練習しました。

僕が意識したのは

文章の読みやすさ

誤字・脱字の確認

8割以上文章を埋めることです。

 

予備校だと先生の添削もあるのがよかったですね。

添削してもらうと今の自分の実力と改善点などの

うまく書けるコツがわかってきます。

独学だと添削してもらえないので、そこは予備校の強みです。


僕は漢字が書けなさすぎて、

本番で違う言い回しを考えたりして

無駄に苦戦しましたが 笑


と、こんな感じで1年勉強して

見事一次試験を突破しました^^

やっぱり

正しい勉強法を知って、

時間をかけて徹底的にやる。

シンプルですがこれしかないです。

今回のまとめ

まとめ
  • 最短で合格を目指すなら予備校がオススメ
  • 正しい勉強法(教材+取り組み方)を身につける
  • 時間を確保して徹底的に繰り返しやる

ブログランキングに参加中です!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ 

このバナーをクリックしていただけると
管理人のやる気が爆発します^^

【無料プレゼント!】

次世代紹介アニメ    

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です